ジョイホーム

見学予約 お問合せ 資料請求

スタッフブログ

タグで検索

タグで検索

eハウスビルダー(1)SE構法(1)ZEH住宅(4)アスファルト(1)イベント情報(5)エアロ(1)ガレージ(1)キッチン(3)コンクリート(1)スタッフ日記(20)ダイニングテーブル(1)デザイナーズハウス(95)デザイナー日記(5)バルコニー(1)フィンランド家具(1)ペット(1)リブ天井(3)住宅ローン減税(2)全館空調(6)内覧会(6)切妻屋根(1)和室(1)土地(7)壁(4)太陽光発電(1)子供部屋(1)完成見学会(17)小平一級建築士(4)展示場(1)岩手県産材(2)平家風(1)店舗/クリニック(3)庭(1)建築中(21)断熱材(3)書斎(1)有形文化財(1)木造(2)植田一級建築士(6)検査(1)洗面化粧台(2)照明(6)畳(2)省エネ(4)自由設計(8)蓄電池(1)薪ストーブ(1)軒下(1)長場一級建築士(5)階段(6)

2023年11月23日

「ミナ ペルホネン」

こんばんは。

暦の上では冬の訪れを感じるはずの二十四節気の「立冬」が過ぎ、岩手県もだんだんと冬の足音が聞こえてきました。

たまには建築以外の芸術にも触れてみようと思い「ミナ ペルホネン」の展示会に

伺ってきた時のお話。

「ミナ ペルホネン」と言えば流行に左右されず長年着用できる普遍的な価値を持つ

「特別な日常服」をコンセプトとして、オリジナルの生地から様々なプロダクトに

発展させているブランド。

地や衣服のイメージが強かったのですが展示ブースを歩いていると

目に飛び込んできたのが建築模型。

結局、展示ブースの中で一番長居をしたのが建築模型のブースだったのは

職業病のようなものなのでしょうね。

そんな中、デザイナーの皆川明氏の言葉

「自分達らしい事しか結局伝える力にならないから

その自分達らしいを磨いていくしかない。」

素敵な言葉とともに「ミナ ペルホネン」の歴史や作り手の思いの一端に触れられた

有意義な時間でした。