ジョイホーム

見学予約 お問合せ 資料請求

スタッフブログ

タグで検索

タグで検索

eハウスビルダー(1)SE構法(1)ZEH住宅(4)アスファルト(1)イベント情報(5)エアロ(1)ガレージ(1)キッチン(3)コンクリート(1)スタッフ日記(20)ダイニングテーブル(1)デザイナーズハウス(95)デザイナー日記(5)バルコニー(1)フィンランド家具(1)ペット(1)リブ天井(3)住宅ローン減税(2)全館空調(6)内覧会(6)切妻屋根(1)和室(1)土地(7)壁(4)太陽光発電(1)子供部屋(1)完成見学会(17)小平一級建築士(4)展示場(1)岩手県産材(2)平家風(1)店舗/クリニック(3)庭(1)建築中(21)断熱材(3)書斎(1)有形文化財(1)木造(2)植田一級建築士(6)検査(1)洗面化粧台(2)照明(6)畳(2)省エネ(4)自由設計(8)蓄電池(1)薪ストーブ(1)軒下(1)長場一級建築士(5)階段(6)

2024年5月19日

「子育てエコホーム支援事業」について

こんにちは。

今日はタイトルの通り、「子育てエコホーム支援事業」についてのお話です。

住宅の購入・建築、リフォームをお考えの方であれば耳にしたことがあるかと思います。

特にエネルギー価格高騰の影響を受けやすい子育て世帯や若者夫婦世帯が、長期優良住宅やZEH水準住宅を取得する場合に国から補助金を受けることができるものです。

 

 

住宅の性能を「ZEH水準」にするとどんなメリットがあるのか?

まず一つ目は、光熱費の負担が軽くなるということです。

熱の逃げにくい家をつくることにより、少ないエネルギーで部屋を暖めたり冷やしたりすることが可能になります。冷暖房費が安く済み、季節に関係なく快適に過ごすことができます。

 

二つ目は、健康面でのメリットが大きい点です。

断熱性能が良い家は室内の温度差が少なく、特に冬場に多いヒートショックでの事故が起きにくくなります。また、温度差は結露を生み、そのまま放置したりすると環境によってはカビが発生しやすくなります。

お子様の原因不明の咳や体調不良はカビなどが原因のアレルギーであることも多いのです。

 

三つ目は、税制優遇やフラット35借入金利の引き下げなどを受けられることです。

子育てエコホーム支援事業では、ZEH水準住宅では1戸当たり80万円、長期優良住宅では100万円となっており、補助額も高額です。それに加えて住宅ローン控除の優遇を受けることができたり、フラット35の金利引下げを受けることができるのです。

 

子育てエコホーム支援事業は予算に到達すると終了しますので、補助金取得をお考えの方はお早めにご相談下さい。

新築部門での予算に対する申請額の割合は5/19現在、14%となっております。

※HP参照