ジョイホーム

見学予約 お問合せ 資料請求

スタッフブログ

タグで検索

タグで検索

eハウスビルダー(1)SE構法(1)ZEH住宅(3)アスファルト(1)イベント情報(5)エアロ(1)ガレージ(1)キッチン(3)コンクリート(1)スタッフ日記(16)ダイニングテーブル(1)デザイナーズハウス(94)デザイナー日記(5)バルコニー(1)フィンランド家具(1)ペット(1)リブ天井(3)住宅ローン減税(2)全館空調(6)内覧会(5)切妻屋根(1)和室(1)土地(7)壁(4)子供部屋(1)完成見学会(15)小平一級建築士(4)展示場(1)岩手県産材(2)平家風(1)店舗/クリニック(3)庭(1)建築中(20)断熱材(3)書斎(1)有形文化財(1)木造(2)植田一級建築士(6)検査(1)洗面化粧台(2)照明(6)畳(2)省エネ(4)自由設計(8)薪ストーブ(1)軒下(1)長場一級建築士(5)階段(6)

2023年9月30日

フィンランド家具の世界

こんにちは。長く続いていた残暑でしたが、ここにきて数日急に秋の訪れを感じるようになりました。

朝晩の冷え込みを感じますので、引き続き体調崩されないようお過ごしください。

さて、会期終了してしまいましたが、先日みらいえ展示場近くの県立美術館で『フィンランドのライフスタイル/暮らしを豊かにするデザイン』企画展が行われており、展示最終日に覗いて参りました。

展示の冒頭、建築好きのかたには有名なアルヴァ・アアルトの家具(名作:スツール)がずらり。。。圧巻でした。

大半の所蔵をされているスコープさん(オンライン雑貨店)にも驚嘆いたしました。

フィンランドデザインが日本でも受け入れられている理由の一つにデザインはもちろんサイズ感もあるのでは。。。と個人的に思っております。

調べて比較してみると、フィンランドと日本人の平均身長差は10cmありますし、体系もひと廻り大きい印象ですが、フィンランド家具のサイズ感は日本人の空間スケールにあわせても邪魔にならない案外コンパクトなものが多いと感じております。

新築をお考えの際、設置したい家具が確定している場合は事前に設計担当へお伝えください(*^^*)

空間が確定してからの家具選定よりも、せっかくなら家具に合わせた設計も素敵ではないでしょうか!

小さめのダイニングなどにはフィンランドデザインのコンパクトな家具もオススメです(*’▽’)