ジョイホーム

見学予約 お問合せ 資料請求

お客様の声

タグで検索

タグで検索

デザイナーズハウス(15)社内設計住宅(7)

盛岡市 引き締まったラインと、女性らしい甘いテイストのある家

近くてたまたま行われていた住宅見学会に足を運んだだけでした。。。

ジョイホームとの出逢いは、近くでたまたま行われていた住宅見学会に足を運んだことでした。

それまでもいくつかハウスメーカーや不動産屋を訪ねてはいたのですが、希望する地区は
とても人気があって、土地が売りに出ることも少なく見込みはかなり薄いと言われ続けていました。

ところが、見学会で初めてお会いした尾形さんに、なんと希望通りの土地を紹介していただけたのです。
もちろん、だからといって右から左に「ハイそうですか。」と買うわけもありません。
一歩前に進む勇気もなく一度は諦めかけたのですが、尾形さんはとても親身に相談に乗ってくださり、 土地に関する疑問は各機関にすぐに問い合わせて、一つずつ不安を解消していってくださいました。
土地を購入して家を建てようと大きな決断ができたのは、ひとえに尾形さんのおかげです。



さて、土地の購入と並行して家造りもスタートしました。
ですが、いざとなると私たちは理想のイメージがとても曖昧な上に、夫婦間での意見の相違も かなりある事に気づきました。
夫は特に家の機能的な事が最優先でしたし、妻の私は何よりデザインにうるさかったので 対立する事も多くありました。
デザイナーの小平さんは、そんな夫婦間の不和まで含めて要望を全てキャッチして 曖昧なイメージを具体的な形へと見事に表していってくださいました。

 

例えば最初の頃ですが、リビングを1階にするか2階にするか、私たちはとても悩んでいました。
すると小平さんは、1階リビングと2階リビングの場合の図案を何パターンも作って、それぞれの メリットとデメリットを丁寧に説明してくださいました。
そうすると不思議とできることと出来ないこと、そして私自身が何を一番望んでいるいるのかが頭のなかで 整理されていき、十分納得した上で公開の残らない取捨選択が出来るのです。

私たちの話し合いはそんな事の連続でした。
小平さんは要望に対して自分の考えを押し付けるということを
絶対にせず、提案の一つに私達が納得しなければ更に話し合いを重ね考えをまとめ、何度でも図面を書き
直してくださいました。
一緒に悩み、施主の気持ちにさりげなく寄り添ってくださる姿勢は、
その涼やかな態度とは全く裏腹なのです。

 

上棟を迎えてからは公務の伊藤さんに大変お世話になったのですが、 実際に数多くの現場を扱ってきた熟練のうでをひしひしと感じて、安心してお任せ出来ました。
最後には「困ったときの伊藤さん」という感じですっかり頼りにしていた私達です。
朝早くから夜遅くまで、いつでも気持ちよく対応してくださるので、体調は大丈夫かしらと いらぬ心配をするほどでした。
そんなたのもしいお二人には間取りから始まり最後は棚一枚まで、どんな小さなことでも相談しましたし、 それに対して小平さんも伊藤さんもいつでも真剣に向き合ってくださりました。

そして完成した我が家は、理想通りの、いえ、理想をはるかに上回る素敵な家です。
小平さんの特徴でも有る、無駄のないきりっと引き締まったラインは当初から夫のお気に入りで、 その中に私の理想だった女性らしい甘いテイストが絶妙に調和していて、最高におしゃれです。
限られた面積、日当たり、予算・・・。
厳しい条件だったと思いますが、開放感があり、長年の夢だった外国製の大型食洗機など とても書ききれないですが予算内で全てを手に入れることが出来ました。
今回、階段の手すりを丸いデザインにしていただいたのですが、ジョイホームでは初の試みだそうです。
既存な形に留まらず、施主の要望に合わせて新しいことに挑戦し続けていくのがまた、ジョイホームの魅力なのですね。
夫の要望も私の要望も存分に叶えていただき、おかげさまで夫婦間の不和も調和出来ました(笑)。

 

デザイナーの小平さん、公務の伊藤さん、ホームアドバイザーの正木さん、尾形さん、村野社長、 そしてジョイホームの皆々様、本当にありがとうございました。
とても楽しく過ごせたこの一年に心から感謝申し上げます。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。